患者様の声・症例

2012年5月17日 木曜日

豊田市南部、岡崎市北部でのむちうち治療は、協会認定のえかく水野整骨院へ


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例を報告しています。

44歳女性

症状;後方より追突され、くびから背中の痛みと、病院でのレントゲン検査で肋骨の骨折が確認される。

施術経過;肋骨の骨折は、固定しかないので施術せず。くびから背中の痛みに対しての施術を行う。くびは下を向けれない状態だったので、仕事ができないため、何とか早期にくびを下に向けれるようになって仕事に復帰したいという希望があったので、くびの施術を重点的に行う。くびのAKA療法と、バランス調整を行う。ただし、この方は筋肉が弱く、肋骨部の痛みもあったので、当然軽めの刺激による施術を行った。3回ほど施術を行うと、下をむけれるようになったので、仕事復帰をした。その後1日おきに施術継続し、2ヶ月ほどでかなり痛み改善する。その後1ヶ月ほど施術継続し終了とした。

女性で筋肉の弱い方は、特に初期の施術は弱めの刺激による施術にしています。



投稿者 えかく水野整骨院