患者様の声・症例

2012年5月 1日 火曜日

豊田市の交通事故による、くびや腰の治療は、えかく水野整骨院へ

三河地区、豊田市末野原駅近くのえかく水野整骨院です。

このページでは、むちうち症やその他痛みに対しての施術の症例を報告します。

25歳男性

症状;2月中旬ころ、停車中に後ろから追突される。くびから右肩にかけて常に痛みがあり。くびの上向きと、右向きが痛くてあまりうごかせない状態。この方は、1年前にも追突され、当院に来院していたが、今回も病院で検査をした後、早めに当院に来院。

施術経過;首の動きを改善させるために、まず、くびのバランス調整と、AKA療法をおこなう。仕事が忙しいため来院頻度は少ないが、安静時の痛みは、1ヶ月ほどで改善。現在施術開始後、2ヶ月半ほどで、右向きが少し動きが悪く、そこの改善がもう少しほしい状態。動きの改善をするために、関節可動域改善の施術を多めに行う。施術予定はあと、1ヶ月ほどを見込んでいる。

投稿者 えかく水野整骨院