患者様の声・症例

2012年6月 1日 金曜日

豊田市のえかく水野整骨院は、むちうち治療協会認定の治療院です


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

40歳男性

症状;高速道路で追突され、くびから肩の痛み及び右腕全体にしびれがあり、病院での検査で頚椎ヘルニアと診断される。薬と湿布を処方されたが、当院でのリハビリを希望し来院。

施術経過;初日の状態では、痛みが強くベッドに寝れない状態。座っての施術をする。基本的にくびの施術は寝た状態で施術をするが、座った状態でのバランス療法も可能です。患者様に痛みの負担が少ない状態で施術をします。5回ほど施術を続けると、しだいに痛みが緩和し、本来の施術ができるようになうる。3ヶ月ほど週に2回ほどの施術を続け、その間時々病院での診察も受けますが、シビレは少し残る状態になる。もう3ヶ月ほど施術を続け、痛み改善。シビレは少し残るが患者様が納得した状態になったので、施術終了とする。

今回の場合シビレは少し残るが、患者様と話した結果、納得した状態になったので施術終了とした。少し痛みや今回のようにシビレが残る状態でもしだいに消えていく場合が多いので、まったく痛みが0でない状態でも施術は終了する場合もあります。


投稿者 えかく水野整骨院