患者様の声・症例

2012年6月28日 木曜日

豊田市南部、岡崎市北部でのむちうち治療は、協会認定のえかく水野整骨院へ


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

23歳男性(自損事故)

症状;車の運転中ガードレールにぶつかって受傷。くびの痛みと、肩が痛くてあがらない状態。仕事(美容師)は何とかやっているが、痛い。ただし、痛くても仕事は休めないとのこと。病院では、骨には異常がなくむちうち症でしょう、とのことで、ホームページで調べて当院に来院。

施術経過;くびの痛みが強く、くびからの影響で肩もあがらない状態。くびのAKA療法により、くびの関節の動きをよくして、バランスも一緒に整える。2回目に来院したときには、痛みかなり軽減している。もういちど、同じように施術をして、痛みもなく仕事中も不便なことはないので施術終了とした。

若いこともあり、多少無理も利く年齢なので、早期に改善したが、一般的にはもう少し施術は続けられたほうがよいと思います。自損事故の場合は、自分で全額健康保険を使って施術をする場合と、保険会社が立て替える場合と自分の入っている保険によって違いますが、我慢せず早期に施術をしたほうが良いです。

投稿者 えかく水野整骨院