患者様の声・症例

2012年7月 3日 火曜日

豊田市周辺での交通事故による、むちうち治療はえかく水野整骨院へ


愛知県豊田市大林地区、えかく水野整骨院です。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

35歳女性(むちうち症)

症状;後方より追突され、くびと腰さらに右肩の痛みおよび肋骨に骨折がある状態。病院で半年ほど診察をうけて電気治療と薬と湿布を処方されるが、事故後半年すぎてもくびの痛みとめまいおよび吐き気、腰の痛みがあり、日常生活でも不便な状態。ネットで当院を知って来院。

施術経過;とにかくくびの痛みとめまいがあり、日常生活でおきていられないので、そこをまず改善させていきましょう、ということで施術開始する。軽めの施術にてくびのバランス療法と、関節可動域をよくするように施術する。その後、週2回の施術を続ける。すだいに改善していき施術も強めの施術をしていくことができるようになる。当院に来院して半年で、かなり日常生活改善したため、自賠責保険による施術は終了とする。その後、やはり症状はまだ残存するので、週に1回でバランス療法とAKA療法は継続している。現在では、日常生活はほぼ問題なく改善。あとは、筋力がもう少しもどってくればよいと思われる。


投稿者 えかく水野整骨院