患者様の声・症例

2012年9月18日 火曜日

当院のAKA療法で腰の痛み改善した患者様の声(その1)


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。当院は、むちうち治療協会認定院です。

このページでは、むちうちその他痛みの症例報告をしています。

今回は、むちうち症ではありませんが、腰痛で悩んでいた患者様の声をいただきましたので、患者様の文章どおりに報告します。文章が長くなるため2回にわけて報告します。

40代女性
 思い返せば2年前の夏、腰や足の激痛に襲われ、ほぼ1ヶ月安静状態に。病院の整形外科での診断は、靱帯炎や腰椎ヘルニアととのこと。結局、痛みとめを飲んでは様子見状態で仕事を続けていたら、半年前にまたもや以前と同じように耐えられない激痛に襲われました。腰とお尻と右足が針で刺されるようにズキズキと痛み、たっているのはもちろんのこと、5分と座っていられず、横になるしかない状態が1ヶ月半続き、このまま寝たきりになってしまうのではないかという恐怖心にさいなまれる日々。今度は病院では、新しい医者から、仙腸関節炎との診断がくだされました。急いでインターネットで仙腸関節炎について調べると、治りにくい症状だけれど、AKA療法が効果的との情報をみつけ、藁をもすがる思いで、えかく水野整骨院に駆け込みました。通いはじめて約1週間で痛みが和らいでくるのを実感。1ヶ月ほどで腰痛や右足のシビレも激減。何とか短時間の仕事に復帰できるまで回復しました。現在は、腰や足に違和感は残るものの痛みはほとんど感じなくなるまで回復。ただ、筋肉がすっかり衰えてしまったため、筋トレが今後の課題です。今後は、えかく水野整骨院で加圧トレーニングのメニューも加える予定です。仕事もフルタイムで復帰できるようにがんばりたいと思います。(以下、次回へ続く)


投稿者 えかく水野整骨院