患者様の声・症例

2013年1月 7日 月曜日

年末で施術終了した、むちうち症の症例報告


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

本年もよろしくお願いします。このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

昨年末に施術終了したむちうちの症例報告です。

35歳女性

症状;自動車停車中後方より追突され受傷。くびと背中の痛みおよび手のシビレがあり。病院では、レントゲン異常なし、鎮痛剤処方される。

施術経過;最初は、くびの痛みよりも背中の痛みが強かった状態。背中のバランスを整え、くびのAKA療法で施術する。最初の1週間ほどでかなり痛み改善する。しかしながら、その後手のシビレが強く感じるようになり、手のシビレに対しての施術も追加する。1ヶ月ほどで、かなり痛み改善するが、その後調子の良いときと悪いときがあり、施術1日おきぐらいで継続する。そうすると、しだいに症状が落ち着いてきて、昨年末施術終了とした。

手のシビレも交通事故の場合くびからの影響でおこることが多いので地道に施術を継続することが重要です。



投稿者 えかく水野整骨院