患者様の声・症例

2013年2月 5日 火曜日

当院のAKA療法による、寝違い・むちうち症などくびの痛みの改善症例


愛知県豊田市大林地区、えかく水野整骨院です。

当院は、交通事故治療専門院として、むち打ち治療協会より認定をうけています。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

今回は、寝違いによるくびの痛み改善例です。

30歳女性(くびの痛み)

症状;寝違いにより、くびの痛みがあり、左右にくびをまわせない状態。寝返りもできず、病院で薬と湿布処方されるが、改善せず当院に来院

施術経過;くびのAKA療法により、くびの関節の動きを改善する。また、背中のバランスが悪いので、背中のバランス調整も施す。
治療した夜は、その前よりも比較的に楽に寝れた。次の日の来院時には、くびの動きがよくなっていた。痛めてから2週間ほど痛みで我慢していたが、楽にねれたとのこと。さらに、3,4回ほど施術継続し、治療終了とした。

むち打ちによる、くびの痛みと、寝違えによるくびの痛みの改善スピードは違いますが、むち打ちによる強い衝撃の場合でも治療を確実に継続していけば、改善していきます。

交通事故治療 豊田市
豊田市 交通事故治療


投稿者 えかく水野整骨院