患者様の声・症例

2012年11月27日 火曜日

当院にて、交通事故による痛みに対しての施術症例


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。当院は、むちうち治療協会認定院です。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

37歳女性(交通事故による、くびと腰の痛み)

症状;前方からバックしてきた車に衝突し、くびと腰の痛みおよび頭痛がある状態。そして、なんとなくすっきりしない状態が続く。

施術経過;病院での検査は、レントゲンは異常なく、鎮痛剤と湿布を処方される。当院では、くびのAKA療法とバランス療法を行う。現在施術回数まだ、4回目であるが、よかったり悪かったりであるが、徐々に改善。すっきりしてきた様子。早期改善を目指し施術継続していきます。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2012年11月21日 水曜日

バランス療法による膝の痛みの改善例(その2)


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。当院は、むちうち治療協会認定院です。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

前回、首の痛み、腰の痛みに続いて多い膝の痛みの症例報告をしました。膝の痛みに関しては、病院で筋肉をつけなさい、といわれることが多いのですが、なかなか筋肉はつきません。そのため、膝の痛みもなかなか改善しない、という状態の方が多いです。

当院では、そのような状態の方に
http://www.ekaku-mizuno.com/treatment/が有効と考えています。

63歳女性(膝の痛み)

症状;膝の痛みおよび膝のはれがあり、筋肉が落ちている状態。本人が筋肉をつけたいのだが、自分ではどのようにしてよいのかわからないということで来院。

施術経過;週に1回、15分加圧トレーニングを行う。徐々に力が入るようになってきているが、まだトレーニング継続中です。基本的に10回ほどトレーニングを行うと、徐々に力がはいるのを実感できる方が多いです(個人差があります)。継続することを勧めています。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2012年11月19日 月曜日

バランス療法による膝の痛みの改善例(その1)


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

当院は、むちうち治療協会認定院です。このページでは、むちうちその他痛みの症例報告をしています。

今回は、くびの痛み、腰の痛みの次に多い膝の痛みの改善例です。

52歳女性(膝の痛み)

症状;畑の作業でねじって痛みがあったが、我慢してそのまま作業を続けて行ったら、次の日痛みとはれがひどく、歩くのがやっとの状態。

施術経過;膝の痛みとはれが大きいので、バランス療法、関節並び合わせ術を行う。施術終了後に歩行すると、歩くのが楽になった。次の日に来院すると、はれもだいぶ治まって、歩くのもだいぶ楽になっている。そのまま、施術を3回ほど続けると、ほぼ痛みとはれ改善する。

膝の痛みは、かなり回数を多く必要とする方が多いですが、この方の場合早く来院し、施術を行ったので早期に改善しました。むちうちでも自分で痛めた痛みでも、早期に施術を開始すると、改善も早いです。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2012年11月15日 木曜日

現在施術中の、交通事故による痛みに対しての症例報告


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

このページでは、むちうちその他痛みに対しての症例報告をしています。

24歳男性(むちうち症)

症状;後方より追突され受傷。病院では、レントゲンで異常なし。湿布と痛みとめを処方される。くびから腰にかけての痛みと、気持ち悪い感じがあり。当院に来院。

施術経過;くびから腰にかけてのAKA療法およびバランス療法を行う。最初のうちは、改善度合いが遅く、なかなか症状が改善せず、仕事中も痛みやこりがかなり気になった様子。しかしながら、施術継続していくと、しだいに症状改善する。現在施術開始後、5ヶ月ほどたつが、症状はかなり改善している。もう少しで施術終了の見込み。

最初なかなか症状改善しなくても、バランスがよくなったり、関節の動きが改善すると、しだいに症状も改善します。根気強く施術継続しなければなりません。
その他、自賠責による保険のことなど当院でのむちうちの治療中に、わからないことがあれば質問をしてください。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2012年11月13日 火曜日

交通事故専門の法律家との提携


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。当院は、むちうち治療協会認定の治療院です。

このページでは、むちうち症状、その他痛みに対しての症例報告をしています。

今回は、当院での交通事故専門の法律家との提携を紹介します。

むちうち治療では、どうしても症状の治りが悪かったり、痛みが残り仕事の内容を変更しなければならない状態になることがあります。そのようなときには、病院で後遺症診断をしてもらい後遺症認定をうけることになります。後遺症認定をうけると、慰謝料の金額などその後の保障金額がかわってきます。ただ、通常の場合より、内容が複雑だったりわからないことが多いので当院では、協会をとおして専門の行政書士の先生にきてもらって、無料相談をすることができます(当院で施術をした場合)。今までの患者様も相談をうけて、内容がよくわかったり、今までだれに聞けばよいのかわからなかったことが聞けたりして、好評をえています。

当院では、そのような施術の他にそのようなサービスもしています。ぜひご利用してください。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL