患者様の声・症例

2013年11月14日 木曜日

交通事故による後遺症が残った場合の法律専門家との相談


愛知県豊田市大林地区、えかく水野整骨院です。

当院は、交通事故の専門治療院としてむち打ち治療協会より認定をうけています。

また、むち打ち治療会を通して、交通事故の法律の専門家との相談も可能です。

専門家とは、行政書士や弁護士の先生です。

今回は、当院における行政書士との相談の紹介です。

6ヶ月前に交通事故にあい、首の痛みと、腰の痛みがあり、当院に受診。病院では、レントゲンとMRIの検査をうけられて特に異常なし。鎮痛剤と湿布を処方される。

6ヶ月間治療継続して、腰は痛み改善。首の痛みが左右に回旋すると少し残存するため、後遺症の認定をうけるか、また、後遺症を受けた場合の慰謝料の違いとか相談をうけるために、当院に行政書士の先生にきてもらい無料相談をしました。過去に何人かの方が、無料相談をうけており、いずれの方も法律的なことが理解できたという感想をいただいております。



投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2013年11月 7日 木曜日

当院でのむち打ち症の改善症例


愛知県豊田市大林地区、えかく水野整骨院です。

当院は、むち打ち治療協会認定院で、交通事故治療に力をいれています。

30歳女性、鞭打ちによる首の痛み、肩の痛みおよび頭痛

症状;助手席の乗車中後方より追突され受傷。受傷後、整形外科に行きレントゲン検査をするが、異常なし。湿布と鎮痛剤を処方されるが、痛み改善せず、当院に来院。

施術経過;首から肩にかけて筋肉の硬直があり、かなり緊張から力がはいった状態。さわるのも痛い状態。AKA療法とバランス療法を行う。施術後、少し楽な感じになって初日は帰宅。次の日は、状態がもとにもどって痛みが継続する。最初はそのような状態が続いたが、1週間ほどすると徐々に症状改善してきた。その後は1日おきに治療継続し、約3ヶ月で治療終了となった。

最初は、筋肉が力がはいっているかたが、時々みえます。根気よく治療継続していくと、徐々に症状改善します。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2013年10月17日 木曜日

当院でのむち打ち症の改善例


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

最近だんだんと、寒くなってきていますが、いかがおすごしでしょうか?ぎっくり腰や寝違いなど注意してください。

63歳男性(むち打ち症)

症状;後方より、追突され受傷。車の後方部はへこみ、修理しなければいけない状態。痛みも、首と腰に痛みがあり、病院では、レントゲン検査は異常なく、湿布と鎮痛剤を処方される。

施術経過;くびのAKA療法とバランス療法、腰のAKA療法を行う。最初は、痛みがあり、首の周辺はほとんど触れない状態であった。しかしながら、徐々に施術継続していき、改善する。施術開始後、1ヶ月ほどで、首の周辺はようやく普通に触れるようになる。その後、徐々に改善していき、施術開始後、3ヶ月すぎて腰の痛みはほぼ改善する。首の痛みはもう少し残るため現在施術中です。

最初の状態が悪い人や、筋肉が弱い人は、最初の1,2回は施術後、痛みが増す場合がありますが、体がよくなってくればそのようなことは、なくなり痛み改善していきますので、あきらめずに施術をしていきましょう。




投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2013年9月26日 木曜日

当院にての腰痛改善例


愛知県豊田市南部、えかく水野整骨院です。

当院は、交通事故治療専門院として、むち打ち治療協会より認定をうけています。

最近、腰の痛みの患者様がよくみられます。季節、気候の変わり目には、急性腰痛の症状の患者様が多くみられます。

45歳男性、急性腰痛

症状;草刈をしていて立ち上がった際に、ぎっくり腰になり、立ち上がれなくなる。1日ねていたが、あまり改善せず、当院に来院。歩くのが困難でまっすぐたちあがれない状態。

施術経過;AKA療法、バランス療法にて施術開始。来院したときには、まっすぐ歩けなかったのが、まっすぐに立てるようにはなった。ただし、1回の施術では、動き始めの動作はまだ痛み残存する。その後、3回ほど施術継続すると、ほぼ痛み8割ほど改善した。

ぎっくり腰の場合でも、AKA療法は有効です。交通事故の腰痛と同じようにバランスを整えることによって、痛みの改善が格段に早くなります。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL

2013年9月19日 木曜日

当院の、痛みに対しての施術症例


愛知県豊田市永覚新町、えかく水野整骨院です。

当院は、交通事故治療の専門院として、むち打ち治療協会の認定をうけています。

30歳女性;追突事故による首の痛み、腕のしびれ、肩甲骨まわりの痛み

症状;病院での検査では、レントゲン検査異常なく、湿布と鎮痛剤を処方されるが、なかなK痛み改善せず、事故から3ヶ月ほど経過してから当院に来院。

施術経過;くびから肩にかけての関節の硬さと、バランスの悪さがあり、なかなか症状が改善していないことを説明。関節調整とバランス調整を行う。1回目の施術後から、体全体が楽になったことを感じる。週に4回ほど施術を継続して、1ヶ月ほど経過すると、ほぼ痛みとシビレが消失する。施術開始後1ヶ月半で治療終了となった。

投稿者 えかく水野整骨院 | 記事URL